喜怒哀楽は、出していい

人間を長くやっていると

言いたいことを我慢し、周りに合わせ、自分の心を正直に表現できなくなっていく。

誰の目も気にせず、自分を思いきり解放できる。

もう大丈夫。

あなたが、そうしたいなら、それでいい。

笑いたいときは、笑い

泣きたいときは、泣き

怒りたいときは、怒る。

本当の優しさに触れたとき、本当の愛に包まれたとき、信じていいの?

自分の中に在庫がなかったから、

すぐに信頼することは、できなかった。

一緒に過ごしていく時を重ね、吸い込む空気が心地よいと感じられるようになる。

そう、場に少しずつ馴染んでいるのだ。

自分はどうしたいのか、自分の心に嘘をつかない

孤独をおそれずに、即 行動。

自分を正直に出せる場所がある、受け入れてくれる仲間がいる。

これは最上級、一流の幸せなんですよね。

2016年12月25日Enjoy!Xmas in YOKOHAMA 2016に参加して(ダイアン歌川)